失敗しない便秘薬選びのための便秘解消講座 失敗しない便秘薬選びのための便秘解消講座

薬物療法

薬物療法とは、下剤や便秘薬などを服用して便秘を改善することです。機能性便秘の場合は、生活習慣や食生活を改善しても効果が不十分な時には薬物療法を行います。一方、器質性便秘の場合は便秘の原因となっている疾患の治療が最優先されます。

薬物療法薬物療法

下剤にはいくつか種類があり、おおまかに2分類することができます。ひとつは、非刺激性下剤。腸ではなく便に働きかける薬です。便を柔らかくしたり、大きくしたりして腸のぜんどう運動を促し、便を簡単に排泄できるようにします。もうひとつは、刺激性下剤。大腸に直接刺激を与えるので、お腹が痛くなりやすく、クセになりやすいという特徴があります。連用すると同じ量では効きにくくなるので注意が必要です。これらの薬にはいくつか種類があり、一般的な内服タイプや坐薬、浣腸などさまざまな剤形があります。また、胃や腸などの消化管の機能を整える働きを持つ消化管運動調整薬も、排便を促す目的で使用されています。

非刺激性下剤は、腸ではなく、便に働きかける非刺激性下剤は、腸ではなく、便に働きかける

便秘は原因によっていくつかの種類に分けられています。腸のぜんどう運動が弱いために起こるものもあれば、腸が活発に動きすぎて起こるものもあります。したがって、一つの下剤が便秘全般に効果がある訳ではありません。使用する際には症状に応じた薬を選ぶことが大切です。

お買い求めは全国のドラッグストアまたはこちらから お買い求めは全国のドラッグストアまたはこちらから
  • amazonでのお買い求めはこちらamazonでのお買い求めはこちら
  • ケンコーコムでのお買い求めはこちらケンコーコムでのお買い求めはこちら
  • lohacoでのお買い求めはこちらlohacoでのお買い求めはこちら
  • 爽快ドラッグでのお買い求めはこちら爽快ドラッグでのお買い求めはこちら
  • はぴねすくらぶでのお買い求めはこちらはぴねすくらぶでのお買い求めはこちら

Amazon、Amazon.co.jp、及びAmazon.co.jpロゴはAmazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。