すぐに便秘解消! 便秘は医薬品で解消しましょう。 すぐに便秘解消! 便秘は医薬品で解消しましょう。

便秘の解消にお薬を使うことに、
ためらいがある方はいらっしゃいませんか?

便秘薬を飲むとお腹が痛くなったり、
クセになると思われがち。
でも、酸化マグネシウムは腸を刺激する成分を含まない非刺激性の便秘薬なので、
お腹が痛くなりにくく、クセになりにくいんです。
しかも、妊婦の方や5歳以上のお子様、ご高齢の方も服用できます。
菊川怜さんの写真

便秘になったらまずは、

便秘を解消するためには、食事や運動など、
生活習慣を見直すことから始めることが大切です。
食事や運動など、生活習慣を見直す 食事や運動など、生活習慣を見直す

それでも改善しない場合には、

我慢をせず、適切な医薬品を適切な方法で服用し、
便秘が慢性化する前にすばやく解消しましょう。

酸化マグネシウムは大人はもちろん、5歳以上のお子様や妊婦の方、ご高齢者の方にもお使いいただける便秘薬です。

失敗しない便秘薬遊びのための便秘解消講座へ 失敗しない便秘薬遊びのための便秘解消講座へ

酸化マグネシウムが便秘にE(イー)理由 酸化マグネシウムが便秘にE(イー)理由

酸化マグネシウムは、腸内の水分を集めて便を柔らかくし、スムーズな排便を促します。
  • マグネシウムが腸管から水分を集める画像 マグネシウムが腸管から水分を集める画像
    1
    マグネシウムが腸管から水分を集める
  • 集まった水分により便が柔らかくなる画像 集まった水分により便が柔らかくなる画像
    2
    集まった水分により便が柔らかくなる
  • スムーズな排便を促す画像 スムーズな排便を促す画像
    3
    スムーズな排便を促す
お買い求めは全国のドラッグストアまたはこちらから お買い求めは全国のドラッグストアまたはこちらから
  • amazonでのお買い求めはこちらamazonでのお買い求めはこちら
  • ケンコーコムでのお買い求めはこちらケンコーコムでのお買い求めはこちら
  • lohacoでのお買い求めはこちらlohacoでのお買い求めはこちら
  • 爽快ドラッグでのお買い求めはこちら爽快ドラッグでのお買い求めはこちら

Amazon、Amazon.co.jp、及びAmazon.co.jpロゴはAmazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

CM情報 CM情報

酸化マグネシウムE便秘薬【CM】
  • 酸化マグネシウムE便秘薬【CM】の画像
    酸化マグネシウムE便秘薬【CM】
  • 酸化マグネシウムE便秘薬【CMメイキング】の画像
    酸化マグネシウムE便秘薬【CMメイキング】
失敗しない便秘薬選びのための便秘解消講座 失敗しない便秘薬選びのための便秘解消講座
腸の仕組みと働きのイラスト腸の仕組みと働き
腸の仕組みと働き
腸には小腸と大腸があります。私たちが食べた物は食道から胃に到達し、胃でどろどろの状態になった後、小腸では食べ物が「消化・吸収」され、大腸では水分が「吸収」されます。残った食べ物のカスや腸内細菌の死骸などの老廃物は大腸の中を「運搬」され、体外へ便として排出されます。これらの腸内の動きは自律神経によって機能しています。
詳細を見るボタン
便秘とは?のイラスト便秘とは?
便秘とは?
排便の仕組みに障害が起こり、長い時間(個人差はありますが一般的に3~4日以上)便が腸内に留まり、排泄されない状態で不快感のある場合に便秘と判断されます。明確な定義がないため主観に頼るところが大きいのですが、「便が硬くて排便が困難」、「排便の回数が少ない」、「排便してもすっきりしない」といった症状があると言われています。
詳細を見るボタン
便秘の種類とそれぞれの原因のイラスト便秘の種類と
それぞれの原因
便秘の種類とそれぞれの原因
便秘は、メカニズムによって機能性便秘器質性便秘の2種類に大きく分けられます。機能性便秘はさらに、「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3つに分けられ、器質性便秘と合わせて全部で4種類に分類されます。症状に合った対処をするためにも、自分の便秘がどの種類のものになるのかを把握しておきましょう。
詳細を見るボタン
便秘における男女の違いのイラスト便秘における
男女の違い
便秘における男女の違い
便秘は男女の区別なく起こりますが、女性の方が便秘に悩む人が多い傾向にあります。一般的に男性よりも女性の方が美容や健康への意識が高く、食事や運動、睡眠などにも気を付けながら生活しているのに、便秘になってしまうのはなぜでしょう? ここでは、女性の体の仕組みに基づきながら、女性特有の便秘の原因をみていきます。
詳細を見るボタン
便秘が引き起こす症状のイラスト便秘が引き起こす
症状
便秘が引き起こす症状
便秘になると自律神経の働きが鈍くなり、全身の血行が悪くなります。その結果、肌の張りやツヤがなくなったり、肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなったりします。便秘による血行不良から肩こりや腰痛が起こることも。また、腸内に有害物質が発生して悪玉菌が増えることで、腹部の張りや食欲不振、めまいなどを引き起こすこともあります。
詳細を見るボタン
便秘を解消するためにのイラスト便秘を解消するために
便秘を解消するために
毎朝すっきりと排便できれば、それだけで気持ちのよい一日がスタートできます。充実した毎日を送るためにも、便秘の解消と予防は大切です。規則正しい生活を心がけ、適度な運動を取り入れて腸の働きを活発にし、排便する時間をしっかり確保する習慣をつけましょう。自分に合った方法を選んで継続して行ってください。
詳細を見るボタン
食生活の見直しのイラスト食生活の見直し
食生活の見直し
適度に運動を行っており、ストレスも抱えていないのに便秘気味という人は、食生活に問題があるのかもしれません。不規則な食生活を送っていると便秘になるだけでなく、健康にも影響を及ぼします。ここでは、食生活の見直しに役立つ5つのポイントをまとめています。これらを参考にしながら食事や生活習慣を改善し、便秘を解消しましょう。
詳細を見るボタン
便秘に効くツボ、体操のイラスト便秘に
効くツボ、体操
便秘に効くツボ、体操
人間の体は神経が複雑につながっており、手や足を刺激することで、腸の動きを促すことができます。ここでは便秘を解消するために効果的なツボ押しや体操を紹介します。ツボ押しはいつでも気軽に行えるので、仕事や家事の合間に取り入れてみましょう。体操は足をしっかり動かすもので、毎朝の習慣として、布団のうえで寝転びながら行いましょう。
詳細を見るボタン
薬物療法のイラスト薬物療法
薬物療法
薬物療法とは、下剤や便秘薬などを服用して便秘を改善することです。自律神経のバランスが崩れることにより引き起こされる機能性便秘の場合で、生活習慣や食生活を改善しても効果が不十分な時には薬物療法を行います。一方、胃や小腸、大腸などに何らかの疾患があるため便秘になる器質性便秘の場合は、原因となる疾患の治療が最優先されます。
詳細を見るボタン
便秘薬の種類についてのイラスト便秘薬の種類について
便秘薬の種類について
自律神経のバランスが崩れることが原因である機能性便秘の場合は、生活習慣や食生活を改善しても便秘が解消されない時に、薬による治療が有効となってきます。飲み薬や座薬、浣腸などさまざまなタイプがあり、便秘の症状や体質などに合わせて選ぶことができます。
詳細を見るボタン
女性(妊娠中)の便秘についてのイラスト女性(妊娠中)の
便秘について
女性(妊娠中)の便秘について
妊娠中から出産後6~8週間の産じょく期は、大量に分泌される黄体ホルモンの作用や、大きくなった子宮の影響で腸管が圧迫されるため、妊娠した女性の約半数が便秘になると言われています。妊娠中の女性の場合、そのほとんどが大腸の運動機能が低下するために引き起こされる弛緩性便秘です。生活習慣や食事の改善、上手にストレス解消することも大切です。
詳細を見るボタン
高齢者の便秘についてのイラスト高齢者の便秘について
高齢者の便秘について
年齢が上がると共に便秘の頻度は高まり、85歳以上の超高齢者では全体の約3割が便秘症状であるという調査結果が報告されています。若い頃は女性に多くみられた便秘ですが、年齢が上がるにつれ、男性の割合も増えていきます。その主な原因は、加齢による体力の衰えです。ここでは、高齢者の便秘の原因と頻度、治療法などをご紹介します。
詳細を見るボタン
小児の便秘についてのイラスト小児の便秘について
小児の便秘について
便秘といえば大人が患うイメージがありますが、小児でも珍しくはありません。大人にくらべていきむ力が弱く、成長とともにさまざまな要因が引き金となって便秘になることがあります。いきんでいるのに便が出ない、出ても量や回数が少ないという場合は、便秘の可能性があります。ここでは、小児の便秘とその原因、治療法について説明します。
詳細を見るボタン
酸化マグネシウムについてのイラスト酸化マグネシウム
について
酸化マグネシウムについて
さまざまな便秘薬がありますが、中でも安全性が高い薬として、酸化マグネシウムが注目されています。腸に留まっている便に水分を含ませ柔らかくし、排便を促す効果があります。作用が穏やかで激しい腹痛をともなうことがなく、腸の粘膜にも負荷が少ない薬です。ここでは酸化マグネシウムの歴史や作用などをご紹介いたします。
詳細を見るボタン